に戻る 記事

次の記事

前の記事

24/05/2022

どのIAG航空会社が高密度737MAXを 運航しますか?

ボーイング737 MAX 8200およびボーイング737 MAX 10のIAGを発注したことを受け、当社の専門家は、どのIAG航空会社が高密度バリアントを運航する可能性が高いかを調査しました。 

この記事を共有

LinkedInTwitter

画像:ボーイング

 

インターナショナルエアラインズグループ(IAG)が50機のボーイング737 MAXモデルの航空機の確定発注を発表したこと(株主の承認待ち)は、問題の多いニュースサイクルの中でOEMにとって明らかな勝利です。アジアでは、中国南方航空と中国東方航空が最近、航空機が、中国の規制当局から運航再開の承認が間近と報道されたにもかかわらず、MAXファミリーを当面の保有機材計画の一部に組み込まないことを最近発表しました。一方、ヨーロッパで、ボーイングは、この地域で737の最大の顧客の1つであるライアンエアーのマイケルオライリーから鋭い言葉を受け取りました。このようなネガティブな話題の中、カンタス航空やKLMオランダ航空などの他の大手フラッグキャリアが、それぞれのナローボディ機の更新戦略の優先パートナーとしてエアバスを発表したことに続き、主要顧客の獲得が特別な意味を持つことになります。

 

IBA Insight航空機発注データでは、IAGは同型機の第5位の顧客(最大顧客はライアンエアー)であることが確認されています。IAGは8200型機にとって離れた顧客の1つですが、重要な顧客です。

 

 

どのIAG航空会社が737 MAX 8200を運航

できますか?

IAGがボーイング737 MAX 8200を選択したことは、おそらく驚くべきことです。高密度8200は、格安航空会社を念頭に置いて設計されており、既にヨーロッパではライアンエアーの人気フライトとして運航されています。とはいえ、IAGのエアバスナローボディ機は、レガシーキャリアの中で平均以上の座席密度を備えており、通常、世界平均のLOPA(乗客収容レイアウト)よりも5〜10%多く座席があります。

 

 

IAGの格安航空会社であるVuelingが8200を導入することは明らかなようですが、当社は、グループの航空会社全体にこの航空機を導入する可能性もあると考えています。

 

IBA insightのフリートデータによると、航空会社4社で使用されているエアバスA321-200型機の多くは15~20年経過しており、今後数年で退役する可能性があることが示されています。このことから、ブリティッシュ・エアウェイズのロンドン・ガトウィック空港を拠点とする子会社「BAユーロフライヤー」も有力な選択肢になり得ると考えています。197席の737 MAX 8200を導入すれば、単価を下げることができ、ブリティッシュ・エアウェイズはガトウィック空港の既存格安航空会社との競争おいて強い力を発揮するでしょう。

 

IBA Insightは、複数の資産、フリート、市場での実際のポジションと潜在的なポジションを柔軟に示し、顧客の選択を通知し、買収機会を特定することができます。航空機、エンジン、リース料、フリートの重要なデータに即座にアクセスできるため、過去および将来の航空機の集中度やオペレーターのプロファイルを容易に把握することができます。

 

システムデモにサインアップする

 

に戻る 記事

次の記事

前の記事

 

Newsletter sign up