に戻る 記事

次の記事

前の記事

27/07/2022

ボーイングがファーンバラ航空ショーの航空機受注を独占。エアバスは世界のバックログを独占

はじめに:IBA Insightを使用して、ファーンバラ航空ショー2022の主なハイライトをまとめます。

この記事を共有

LinkedInTwitter

今年のファーンバラとパリの航空ショーのパフォーマンスは、ここ数年で最も控えめでしたが、世界的なサプライチェーンの課題の中で、ボーイングのMAXファミリーに顕著な改善が見られました。

 

 

ボーイング – 合計受注数176機

ボーイングは今年ファーンバラで最も多くの航空機を受注、ショーを独占しました。IBA Insightによると、最大の注文は100機のボーイング737 MAX 10機に30のオプションを追加したデルタ航空からの受注でした。MAX 10は2023年まで認定されないと予想されるため、オペレーターは、必要に応じて注文をMAXファミリーの別のモデルに注文をシフトすることができます。777 パートナーズ、アビエーション・キャピタル・グループ、カタール航空からも注文があり、MAXファミリーにとってよい週となりました。ボーイングは、ワイドボディ機と貨物機にも関心を寄せています。ボーイング787-8および787-9旅客機はアゼルバイジャン航空とアエルキャップから、777-8F貨物機はカーゴルックスから、ボーイング747-400Fの後代替機として受注が決定しています。

エアバス – 合計受注数85機

エアバスは、今年のファーンボロでは、あまり大きな話題にはならなかったものの、いくつかの積極的な取引に合意しました。エアバスにとって最大の受注はイージージェットで、A320neoを56機を発注しました(18機のA320neo航空機のA321neoへの大型化を含みます)。デルタ航空は、12機のA220-300航空機のオプションに続いて、小型のエアバスA220航空機の主要顧客となり、このタイプの合計注文数は107機に達しました。LATAMはA321neoを17機発注し、A321XLRへの関心を確認しました。

ATR – 合計受注数58機

米国の超格安航空会社アベロは、ATR42-600S型短距離離着陸機10機とATR72-600型機10機の合計20機のATR航空機を取得する予定です。オリエンタルエアブリッジからATR42-600 1機の追加注文があり、日本の新興企業であるフィールエアホールディングスとATR42およびATR72型機36機に関する意向書を締結しました。

 

エンブラエル – 合計受注数30機

アラスカ航空からE175を、ポーター航空からE195 E2を受注し、北米の航空会社が今年のエンブラエルの受注を支えました。また、アストラルがNACの貨物機改造から最初の2機のE190Fを受注することも確認されました。既存の航空機の注文に加えて、ブラジルのメーカーは、新しいコンセプトのターボプロップ航空機の意向書を250通以上受け取りました。

 

 

IBA Insightは、複数の資産、フリート、および市場での実際のポジションと潜在的なポジションを柔軟に示して、お客様の選択に対して情報を提供し、買収の機会を特定します。重要な航空機、エンジン、リース率、フリートのデータにすぐにアクセスできるため、過去および将来の航空機の集中度や運航者のプロフィールを簡単に把握できます。

 

システムデモにサインアップ

 

 

筆者

プロファイル全文を表示

に戻る 記事

次の記事

前の記事

 

Newsletter sign up