に戻る 記事

次の記事

前の記事

02/08/2022

航空輸送量の回復を継続させるための3つの課題

はじめに:IBA Insightの航空情報により、世界的な航空輸送量の回復を遅らせている3つの重要な課題が明らかになりました。

この記事を共有

LinkedInTwitter

IBA Insightフライトデータによると、2022年6月までに、世界の国際線のフライト数は2019年6月の「コロナ前」のレベルの83%まで回復していることが分かります。世界の国内線は更に回復し、現在は2019年の値の87%に達しています。2019年比92%と、ヨーロッパと北米間の航空便数は、アジアとヨーロッパ間の航空便数の70%の回復と比較して、より速く回復しています(これは旅行制限によって妨げられ続けています)。

 

「世界の航空便数の回復は続くと確信していますが、コストの上昇、キャパシティの減少、業界が取り組んでいるより広範な経済的課題を考慮すると、その速度は低下するでしょう。」― ジェフ・ヴァン・クラベレン氏。マネージメントディレクター、顧問。

 

 

3つの主な課題とは?



マクロ経済環境は、航空会社と航空業界が航空便数を回復する上で大きな課題となっている3つの成長要因を推進しています。

 

  1. 量的緩和、政府による産業支援、様々な形態の援助といった過剰な刺激策は、脆弱で時間的制約のあるサプライチェーンと相まって、インフレの大幅な上昇につながっています。ユーロ圏だけでも、インフレ率は2022年1月の1%から6月には8.6%に跳ね上がっています。
  1. 収益は好調でも、、コストとリソースは大きな問題です。ドル高と原油価格の高騰というまれな組み合わせによって、これが引き起こされています。航空会社の費用の約3分の1は米ドル建ての価格であり、製油所の能力不足が、その差異を広げています。

  1. 業界全体での人員不足により、生産能力が制限されています。このため、空港ではフライトの上限が決められ、航空会社はフライトをキャンセルすることになります。失業率が低く、セキュリティ審査が長期化しているため、、採用が遅れています。プラス面としては、現在需要が供給を上回っているため、航空会社はより大きな価格設定力を持っており、IATAのデータによると、航空会社の64%が前年比で運賃水準が向上したと報告しています。

 

 

 

これらの重大な課題にもかかわらず、当社の専門家は最近、この独特な状況の組み合わせが、主に需要のレベルが原因で、まだ顕著な数の航空会社の失敗を引き起こしていないことを強調しました。全体として、旅客数は2024年末までにコロナのパンデミック前の水準にまで回復し、年間平均成長率は3.2%になると予測しています。

 

IBA Insightは、ワンストップの航空インテリジェンスプラットフォームです。その視覚的分析と直感的なナビゲーションにより、明確で関連性のある情報を簡単にエクスポートできます。これは、IBAの信頼できる資産の最適化と評価の方法論によってサポートされており、IBA Insightを世界の航空業界の必須ツールとなっています。。

 

デモをリクエストする

 

 

に戻る 記事

次の記事

前の記事

 

Newsletter sign up