に戻る 記事

次の記事

前の記事

07/09/2022

イスラエルでの 4発エンジンを搭載する機体の乗り入れ禁止により、改造済み 747 貨物機に影響を与える可能性大

イスラエルは、騒音と大気汚染を減らすために、イスラエル領空での 4 発エンジンを搭載する航空機の乗り入れ禁止を発表しました。禁止は 2023 年 3 月から施行されることにいますが、この発表によって、オペレーターがこのような航空機の運航を思いとどまる可能性があると考えられています。。

 

この記事を共有

LinkedInTwitter

画像:アンドリュー・トーマス

 

新型コロナウイルスによって、旅客機ボーイング 747 が広範囲で使用できなくなり、IBA の評価担当ディレクターであるマイク・ヨーマンズは、イスラエルの旗艦航空会社エル・アルが運航する改造済み 747貨物機に与える影響が最も大きいだろうと述べています。  

 

IBA Insightによると、今年 TLV から出発した 4 発エンジン搭載の航空機の約 98% は貨物機でした。4 発エンジンを搭載した旅客機の数は減少しており、2019 年にエルアル航空のボーイング 747 旅客機が運航を終了した後、TLV から運航しているものはまだほとんどありません。初期の報告によると、ライセンス契約の下でいくつかの免除がある可能性が高く、IBA は特大の航空貨物のための実行可能な無負荷の代替航空機がないため、そのような免除はボーイング 747 貨物機に適用されるだろうと考えています。」– マイク・ヨーマンズ

 

代わりに、この禁止措置は改造済みボーイング 747 機に最も影響を及ぼすと考えられます。これにより、イスラエル航空宇宙産業 (IAI) とエアキャップによって開発されているボーイング 777-300ERSF を含む、新世代の改造ツインアイルワイドボディの需要が高まる可能性があります。IAI によると、777-300ERSF は 747-400BCF よりも 15% 容積が大きく、747-400F に比べて 21% 燃料消費が少なくなります。4発機に対して同様のスタンスを取る国や空港が増えれば、、777-300ERSF とその同世代の航空機は恩恵を受けるでしょう。

 

エアバス A350F とボーイング 777-8 貨物機は、それぞれ 2025 年と 2027 年に就航する予定で、前者は老朽化したボーイング 747 貨物機の代替市場をしっかりとターゲットにしています。 

 

 

環境への影響

ネットゼロに向けた持続可能な復興の推進は、多くの 4発エンジンを搭載した航空機廃止の主な要因となっています。現在、世界の旅客運航で最も多くの 4 発エンジンを搭載した航空機は、エアバス A380 です。このタイプは現在テルアビブでは運用されておらず、世界中で稼働している航空機は 122 機のみです。それにもかかわらず、IBA は、航空カーボン インデックスA380 の利用が最近回復していることに注目し、2022 年 7 月には前年比で 177% 増加したことを示しています。

 

IBA ネットゼロ の二酸化炭素排出量データによると、2022 年のこれまでのテルアビブ発の 4 発エンジンを搭載した航空機はわずか 0.8% であり、出発便の総二酸化炭素排出量の 2.2% を占めています。 

IBA ネットゼロ は、現在利用可能な金融に焦点を当てた最先端の炭素モデリング ツールであり、当社がその先頭を走っています。IBA 独自の燃料燃焼インテリジェンスを搭載しており、フライトおよびフリート モジュールと統合すると、期間、航空会社、賃貸人、航空機の MSN とモデル、フリート、将来のポートフォリオ、OEM、国、空港、ルート ペアの任意の組み合わせによって、二酸化炭素排出量を示すことができます。

 

システムデモをリクエストする

 

に戻る 記事

次の記事

前の記事

 

Newsletter sign up