資産回収

資産管理

アドバイザリーと評価

航空機投資

航空機の転売と移行管理

売却およびリース可能な資産

テクニカルサービス

資産回収

迅速で前向き、確実な資産回収の管理

IBAの転売チームは、航空機、エンジン、発着枠のいずれであっても、資産の回収は、複数の相互依存的な側面を持つ複雑な手続きであることを認識しています。

 

実行に費用がかかり、地理的、法的、技術的、契約上のさまざまな構成要素が絡むため、クライアントには常に代替の解決手段をすべて使い果たした後にのみ、資産の管理を取り戻すよう提言しています。

11億米ドル

IBA資産管理プログラムの下での航空機の数

330+

航空機およびエンジンの年間検査数

300+

2019年のバイサイド・デューデリジェンス件数

30+

引渡と回収の数

しかし、資産の回収を回避できない場合は、IBAの技術サービスチームは、お客様の資産価値を守り、利益を守るために、お客様が最も早く、最も有利な結果を得られるようにサポートします。

 

当社は、債権整理とデフォルト(債務不履行)の両方の状況での航空機やエンジンの回収において、世界的に豊富な経験を持っています。それぞれのケースの個別の状況を慎重に評価し、当社が代表する航空機とエンジンの所有者に、最適な結果を生み出す具体的な推奨事項(資産の回収、あるいは業務継続の同意など)を提供します。

 

当社の比類ないInsightIQインテリジェンス・プラットフォームが提供する戦略的能力による強く支えられた当社の転売チームは、お客様のご要望に迅速に対応し、資産回収が最も賢明な行動かどうかを判断するお手伝いをすることができます。

お問い合わせ

 

技術的なリソースと専門的な技術者によるアドバイスを提供すると共に、IBAは資産の再登録を手配し、返却が達成されたら、その資産の状態の徹底的な評価を行うことができます。

 

海外の法域内の拠点から航空機の回収やその他の資産の回収を行う場合には、現地の法制度やその堅牢性、さらには資産の引渡し先で適用される法制度を迅速に評価することができます。複雑ではありますが、IBAの経験を活かし、必要なプロセスを長引かせることなく完全に全うすることができます。

 

 二つとして全く同じケースはありません。資産の回収には多大なコストがかかることを配慮し、それぞれのクライアントに対応したバランスのとれた指導を行います。リース料や債務の支払いが滞っている場合でも、航空機やエンジンの記録、マニュアル、技術記録を保護し、完全に回収できるように、資産の貸手や金融機関に一時的な監視チームを現場に設置することを提案することがあります。

 

民間、プライベート、社用のジェット機、エンジン、ヘリコプター、発着枠の評価を網羅した長年の業界のベンチマークである資産回収データの保管者として、IBAのチームは、お客様が必要とするときに迅速かつ詳細な資産回収コストの分析を提供することができます。

お問い合わせ

ケーススタディ:航空機の回収

IBAは、Investec Global Aircraft Fundが所有するモナーク航空にリースされていたA320型機の資産管理を担当していました。当社は、すでに航空会社の財務状況が厳しいことを認識していたため、実際に航空会社が破綻した場合の最悪のシナリオを想定して、チームを待機させていました。

 

24時間365日体制で航空機の動きを追跡していました。幸いなことに、航空会社が会社管理手続を行ったときには、航空機がガトウィック空港に戻ってきたところでした。

 

 IBA本社の所在地を鑑みれば、資産回収は、以前に経験した他のシナリオと比較しても、比較的穏やかで簡単に行うことができました。しかし、ユーロコントロールと他の2つのサービスサプライヤーは、未払いの債務が支払われるまで、断固として乗務員のための飛行許可を保留しようとしました。これは、ほとんどの貸手が、航空機への煩雑でないアクセスを手配し、コストが高い空港駐機場から安価な保管施設に移すために、同意または交渉しなければならない典型的な状況です。

 

一方、転売チームはすでに同機の新規借手候補と話を進めており、すぐに同機の引渡先を決定しました。

ケーススタディ(続き)...

内装の変更を何度か要請され、納品前に再度C整備が必要だったにもかかわらず、取引のその部分は比較的スムーズに進みました。

 

航空機のメンテナンス・リリースを手配するためには、非常に張り詰めた計画と多大なリソースを必要としました。この件では、ガトウィックからケンブルの保管施設まで飛行し、乗務員を一緒に移動させ、燃料の補給を手配しなければなりませんでした。

 

 一方、別のチームは、その時点では会社管理手続に入っていなかった航空会社のMRO施設で、Monarch Aircraft Engineering Limitedがルートン空港で保管していた技術記録にアクセスしていました。新たな借手であるイベリア航空への納入条件を満たすには、機体の様々な作業が必要であり、バーミンガムへの回送や、FL TechnicsによるC整備、再構成、塗装などが必要でした。幸いなことに、エンジンには問題がありませんでした。

 

IBAは、ガトウィックでの最初の航空機の確保、回送、燃料、その後のC整備、再構成作業のためのスペアの取得に至るまで、すべての作業を担当しました。

IBAの新しい統合インテリジェンス・プラットフォーム

今すぐ無料デモをご利用ください!

InsightIQのデモを予約

ログイン

すでにInsightIQをご利用の方は、InsightIQをクリックしてください。まだの方は、IBA.iQをクリックしてください