InsightIQ

InsightIQ

InsightIQブログ

データ保証

出版物

フリート

価値評価

フライト

動向

流動性

炭素排出量計算ツール

包括的な統合航空データから実用的なインサイトを生成

InsightIQは、スピード、正確性、視覚的なアナリティクス、直感的なナビゲーションを兼ね備えたワンストップのインテリジェンス・プラットフォームです。使いやすく、データが豊富なため情報が明確になります。その情報とIBAの信頼できる資産管理と評価方法とを結合することで、グローバルな航空業界の必須ツールとなっています。

 

InsightIQを活用し、資産パフォーマンス、投資、戦略の決定を最適化しましょう。

A white iPad showing aviation data and graphs from IBA's aviation intelligence platform on the screen.

65,000+

65,000+件以上の航空機とエンジンの価値にアクセス

3500万

年間3500万便の航空便を追跡

120,000

毎年12万件以上の航空機イベントを追加

350+

合計350年以上の専門的実績を持つチームによって管理

ボタンをクリックするだけでグローバルな航空情報を提供

IBAの分析プラットフォームは、複数の資産、フリート、実際および潜在的な市場ポジションを柔軟に図示し、クライアントに選択に役立つ情報を提供し、取得と売却の機会を特定することができます。航空機・エンジンフリート、流動性、価値、リース料金、就航データにすぐにアクセスして、過去および将来の航空機の集中度やオペレーターのプロファイルを把握することができます。

 

航空金融コミュニティを支援するために設計された航空データ分析プラットフォーム:

 

  • 世界の運航アクティビティと地理的なフリートの分布情報を把握できます。InsightIQの広範囲にわたるデータ操作と順列オプションにより、現在の運航情報と利用履歴を組み合わせて、オペレーターの航空機の配備状況を把握することができます。
  • 所有権、仕様、利用、フライトマップなどの情報をご覧いただけます。InsightIQは、実世界の運航データとサイクルデータを使用し、市場調査、評価、売却、調達の決定に役立つ豊富なコンテキストを提供します。
  • ボタンをクリックするだけで、視覚的で公平な評価を取得することができ、エクスポートも可能ですから、会計、調査、デューデリジェンス、価値とリース料金の計算の要件を迅速かつ低コストで充足することができます。
  • 強力な連想分析エンジンを使用してグローバルな航空機フリートを評価、分類し、多数の代替ポートフォリオを作成し、集計評価を生成します。
  • 注文、納入、リース終了スケジュールなど、あらゆる種類の民間航空機のデータにアクセスすることで、現在または計画されている資産プールの価値とリスクプロファイルの変化を迅速に把握します。
  • 資産の価値を最大化するための資金調達とリース戦略におけるグローバルな航空業界の傾向を追跡します。

 

InsightIQは、資産戦略や資金調達戦略に価値あるアナリティクスとインサイトを提供できます。過去の資産価値や経済指標、リースや資金調達の取り決めに関する無比のインサイトの分析をサポートします。取引イベントと統合されたInsightIQ航空インテリジェンスは、航空機の可用性と流動性の全体像を構築し、需要と供給の価格決定に役立つ情報を提供します。

 

InsightIQを活用し、ポートフォリオパフォーマンス、投資、戦略の決定を最適化しましょう

Carbon Emissions Calculator: Opportunities for Lessors

There are various strategies lessors can adopt to reduce their fleets’ carbon emissions and, in doing so, potentially benefit from lower financing costs, strengthen their investor relations’ story and develop a greater competitive advantage with lessees.   IBA outlines two key strategies: purchasing new technology planes with lower emissions levels and committing to offsetting a proportion of the emissions their lessees generate.   1. Buying new technology planes with lower emissions Airframe and engine OEMs are working on many initiatives that will improve technology and produce more efficient and potentially carbon free aircraft, but this is evidently a longer-term proposal. In the medium term, buying new gen technology planes will potentially provide a good investor relations story, fit with many airlines long term strategies and also potentially provide a ‘Greenium’ benefit, with access to lower cost finance. 2. Offsetting proportions of carbon emissions generated by the lessee There are three offsetting options, the impact of which can be calculated using rich intelligence from the InsightIQ platform and newly launched Carbon Emissions Calculator (CEC).   Voluntary offset schemes at $3/tonne High quality offset schemes at $13/tonne Buying and holding emissions allowances from the EU Emissions Trading Scheme (ETS)   Source: IBA InsightIQ CEC   Read the full case study here   Based on calculations and analysis from InsightIQ CEC, we conclude that buying and holding Emissions Allowances from the EU ETS may be the most efficient carbon reduction strategy for lessors. Although upfront costs are higher, buying emissions allowances at the start of a lease and holding them until lease end is an investment. Current market expectation is that these assets will appreciate in value by 70% - 75% by 2030. Investors will therefore have an opportunity to profit from their re-sale at lease end. Emissions trading also enjoys high environmental integrity as a regulated market. To understand the maths behind this conclusion, we have created the following Case Study:   Case study- Airbus A321 neo (Non-ACF/ACTs) with LEAP-1A33 Engine A lessor can commit to offset emissions as a competitive differentiator in a bid to win a lessee. Using the example of a new A321neo narrowbody bought in April 2021 for US$ 56M and offered on a 12-year notional US$ 360K monthly rental, its residual asset value will be US$ 35M at lease end. We can mine the emissions information our CEC generates to calculate the following CO2 outcomes to calculate the offset costs and impact on IRR.   All Data used and displayed in this article is derived from IBA’s proprietary data platform IBA InsightIQ.   If you have any further questions or comments please contact: Ian Beaumont Sign up for a demo

IBAの新しい統合インテリジェンス・プラットフォーム

今すぐ無料デモをご利用ください!

InsightIQのデモを予約

Please provide background on your company and your aviation analysis requirements so we can tailor our offering to your business needs:

Please leave this field blank

By registering, you confirm that you agree to the storing and processing of your personal data as per our privacy policy





私たちのクライアントが言うこと

ログイン

すでにInsightIQをご利用の方は、InsightIQをクリックしてください。まだの方は、IBA.iQをクリックしてください