採用情報

社員の紹介

文化と価値観

採用情報

新卒採用

当社のお客様

当社の優秀な従業員と共に働き、なぜ彼らがIBAに情熱を注いでいるかを肌で感じましょう。

航空インテリジェンス、市場分析、航空機資産管理、戦略および戦術的ガイダンスの大手プロバイダとして、当社は次に何が起こるのかを待っている余裕はありません。

だからこそ、多様で才能があり、人々に良い影響与える当社の従業員は、常に先を見続け、創造的なソリューションを提供し、世界中のクライアントとの信頼関係を構築することに専念しています。

IBAグループでのキャリアは、業界で名の知られた航空アナリスト、鑑定士、技術マネージャー、研究者と協力して、自身のスキルを磨くことを可能にします。 知的で情熱的な当社のチームに参加しませんか。

募集

現在、募集はありませんが、当社のチームに参加したいと考えているエネルギッシュで才能のあるプロフェッショナルな人々と常に面接したいと考えています。 興味がある方は、以下のメールアドレスまでご連絡ください。recruitment@iba.aero

当社がお手伝いできること

銀行、その他の金融機関

データと分析

航空機・エンジンのリースと管理

投資としての航空

航空会社との協働

航空訴訟における弁護士のサポート

受賞歴のあるISTAT認定鑑定士の大規模なチームと 30年以上にわたる独自のデータを活用しているIBAは、価値評価市場のリーダーです。グローバルに活動し、航空機、エンジン、ヘリコプター、貨物機、航空貨物、発着枠、スペアなど、さまざまな資産の価値について、独立した公平な意見とアドバイスを提供しています。お客様の期待を超えるように常に努力しており、IBAの客観的な判断は、融資、資産の回収、商業開発、転売に必要な保証をサポートします。

アドバイザリーと評価

IBAのワンストップ航空インテリジェンスプラットフォームであるInsightIQを紹介します。IBAの広範なフリート、価値、市場データと飛行データ、専門家の意見とを組み合わせ、投資、リスクプロファイリング、航空機ポートフォリオの監視に大きな自信と保証を提供します。

航空データ

IBAは、世界中の大手航空機・エンジンリース会社と協力しています。当社の業界知識の深さは、専門家としてのアドバイスにも反映されているので、投資サイクルを通じてお客様をサポートし、お客様の旅のあらゆる段階で自信を与えています。評価、フリートの選定、ポートフォリオ開発からリース終了時の引渡、転売まで、リース期間中のあらゆるリスク評価と資産管理活動において、お客様をサポートします。

資産管理

航空投資は複雑な問題を抱えていることがあり、多額の金銭的な利害関係が絡んでいるため、運に任せることはできません。初めて投資をされる方でも、市場で実績のある方でも、IBAは資産クラスの複雑さを切り開き、投資機会をよりよく理解するためのお手伝いをいたします。お客様と協力し、ポートフォリオの開発、多様化をサポートし、戦略的なニーズを充足いたします。

航空機投資

IBAは30年以上にわたり、世界的な航空会社や地域の航空会社と協力して、評価やアドバイザリーサービス、航空データインテリジェンス、航空機やエンジンの引渡におけるサポートを提供してきました。世界中の様々な航空プロジェクトに協力して取り組み、クライアントのさらなるリソースの要件を満たし、必要な時にはいつでもどこでもプロジェクト管理のサポートを提供しています。

航空機の転売と移行管理

当社は、訴訟支援と紛争解決に臨機応変なアプローチをとり、クライアントの法的戦略に合わせた思慮深い解決策を見出しています。30年以上にわたる独自の航空データへのアクセス、戦略的M&Aへの定期的な関与、および航空機管理の専門知識により、当事者間の典型的な争点となっている分野に定期的にアクセスできます。IBAは、航空機の損傷や損失に対する保険関連の和解から、貸手と借手の間の紛争、多くの場合、引渡時の紛争に至るまで、様々な側面からクライアントを直接、または法務チームを通じて支援します。

訴訟サポート

最新のインサイト

Carbon Emissions Calculator: Opportunities for Lessors

There are various strategies lessors can adopt to reduce their fleets’ carbon emissions and, in doing so, potentially benefit from lower financing costs, strengthen their investor relations’ story and develop a greater competitive advantage with lessees.   IBA outlines two key strategies: purchasing new technology planes with lower emissions levels and committing to offsetting a proportion of the emissions their lessees generate.   1. Buying new technology planes with lower emissions Airframe and engine OEMs are working on many initiatives that will improve technology and produce more efficient and potentially carbon free aircraft, but this is evidently a longer-term proposal. In the medium term, buying new gen technology planes will potentially provide a good investor relations story, fit with many airlines long term strategies and also potentially provide a ‘Greenium’ benefit, with access to lower cost finance. 2. Offsetting proportions of carbon emissions generated by the lessee There are three offsetting options, the impact of which can be calculated using rich intelligence from the InsightIQ platform and newly launched Carbon Emissions Calculator (CEC).   Voluntary offset schemes at $3/tonne High quality offset schemes at $13/tonne Buying and holding emissions allowances from the EU Emissions Trading Scheme (ETS)   Source: IBA InsightIQ CEC   Read the full case study here   Based on calculations and analysis from InsightIQ CEC, we conclude that buying and holding Emissions Allowances from the EU ETS may be the most efficient carbon reduction strategy for lessors. Although upfront costs are higher, buying emissions allowances at the start of a lease and holding them until lease end is an investment. Current market expectation is that these assets will appreciate in value by 70% - 75% by 2030. Investors will therefore have an opportunity to profit from their re-sale at lease end. Emissions trading also enjoys high environmental integrity as a regulated market. To understand the maths behind this conclusion, we have created the following Case Study:   Case study- Airbus A321 neo (Non-ACF/ACTs) with LEAP-1A33 Engine A lessor can commit to offset emissions as a competitive differentiator in a bid to win a lessee. Using the example of a new A321neo narrowbody bought in April 2021 for US$ 56M and offered on a 12-year notional US$ 360K monthly rental, its residual asset value will be US$ 35M at lease end. We can mine the emissions information our CEC generates to calculate the following CO2 outcomes to calculate the offset costs and impact on IRR.   All Data used and displayed in this article is derived from IBA’s proprietary data platform IBA InsightIQ.   If you have any further questions or comments please contact: Ian Beaumont Sign up for a demo

すべての航空インテリジェンスを見る

ログイン

すでにInsightIQをご利用の方は、InsightIQをクリックしてください。まだの方は、IBA.iQをクリックしてください