航空機投資

資産管理

アドバイザリーと評価

航空機投資

航空機の転売と移行管理

売却およびリース可能な資産

テクニカルサービス

資産回収

投資機会を特定し、資産の生涯を通じて意思決定をサポート

資産管理チームと航空機ファイナンスアドバイザリーチームは共同で、包括的な投資サポートを提供し、初めから終わりまでお客様を支援いたします。

 

これには、適切な投資機会の特定と助言、購入およびリース交渉の支援、リース期間全体にわたるテクニカルサービス、および中年期戦略に関する専門的アドバイスが含まれます。

11億米ドル

IBA資産管理プログラムの下での航空機の数

330+

航空機およびエンジンの年間検査数

300+

2019年のバイサイド・デューデリジェンス件数

30+

引渡と回収の数

エンドツーエンドの航空機投資・管理サポートを提供

IBAの資産運用・アドバイザリーチームは、リース前の見通しの特定からリースの延長、更新、終了まで、お客様とパートナーシップを組み、幅広い航空機投資・運用サービスを提供します。購入時のデューデリジェンス、リース契約交渉、評価、計画的・計画外の整備、財務・法務プロセス、記録管理、航空機・リースの転売など、多様な活動を支援し、最適な結果を得ることができます。

 

InsightIQのインテリジェンスと航空資産・リースにおける当社の豊富な経験に裏打ちされた、お客様の資産を確保・育成するための効果的なビジネスクリティカルマネジメントサービスを提供します。

 

サポートには、財務および法的プロセスのナビゲーション、定期および臨時の整備イベントの管理、航空機の利用状況と傾向の監督と調査、維持費の制御、維持費資金の管理などが含まれます。

 

当社は、航空契約に関する知識を駆使して、包括的な整備計画書(MPD)を作成することで、リースの整備義務が確実に履行されるようにします。リース条件の要件を引き受けるために、このようなMPDは、賃貸料、準備金、預託金、および必要に応じて信用状を含むリース回収のための明確かつ予定された手順を規定します。

お問い合わせ

 

また、航空機の整備や利用に関するデータを監視・分析し、契約条件を遵守して借手が資産を運用・管理しているかどうかを確認します。当社の航空機記録管理施設は、完全なトレーサビリティと説明責任を保証する整備、サービス、運用、保管に関する文書をお客様に提供しています。

 

このような努力は、耐空性改善通報や安全通知の遵守の証拠を維持するために不可欠であり、航空機の引渡、回収、転売活動中の資産価値をサポートします。

 

IBAの整備・コスト予測ソリューションは、航空機の整備準備金、イベント、コストに焦点を当てて、ポートフォリオの航空資産の全体的な可視性を提供することで、お客様に重要な明確さを提供します。正確な予測により、お客様は機体の点検・重整備、エンジンの整備、寿命制限部品(LLP)の交換、着陸装置、補助動力装置(APU)のオーバーホールなどのイベントをまかなうのに十分なキャッシュフローを確保できます。

 

また、当社の整備・コスト予測ソリューションは、取引、リース、再リース、解体などの方法で、お客様が積極的に整備資金の余剰を活用し、管理することもできます。

お問い合わせ

 

Carbon Emissions Calculator: Opportunities for Lessors

There are various strategies lessors can adopt to reduce their fleets’ carbon emissions and, in doing so, potentially benefit from lower financing costs, strengthen their investor relations’ story and develop a greater competitive advantage with lessees.   IBA outlines two key strategies: purchasing new technology planes with lower emissions levels and committing to offsetting a proportion of the emissions their lessees generate.   1. Buying new technology planes with lower emissions Airframe and engine OEMs are working on many initiatives that will improve technology and produce more efficient and potentially carbon free aircraft, but this is evidently a longer-term proposal. In the medium term, buying new gen technology planes will potentially provide a good investor relations story, fit with many airlines long term strategies and also potentially provide a ‘Greenium’ benefit, with access to lower cost finance. 2. Offsetting proportions of carbon emissions generated by the lessee There are three offsetting options, the impact of which can be calculated using rich intelligence from the InsightIQ platform and newly launched Carbon Emissions Calculator (CEC).   Voluntary offset schemes at $3/tonne High quality offset schemes at $13/tonne Buying and holding emissions allowances from the EU Emissions Trading Scheme (ETS)   Source: IBA InsightIQ CEC   Read the full case study here   Based on calculations and analysis from InsightIQ CEC, we conclude that buying and holding Emissions Allowances from the EU ETS may be the most efficient carbon reduction strategy for lessors. Although upfront costs are higher, buying emissions allowances at the start of a lease and holding them until lease end is an investment. Current market expectation is that these assets will appreciate in value by 70% - 75% by 2030. Investors will therefore have an opportunity to profit from their re-sale at lease end. Emissions trading also enjoys high environmental integrity as a regulated market. To understand the maths behind this conclusion, we have created the following Case Study:   Case study- Airbus A321 neo (Non-ACF/ACTs) with LEAP-1A33 Engine A lessor can commit to offset emissions as a competitive differentiator in a bid to win a lessee. Using the example of a new A321neo narrowbody bought in April 2021 for US$ 56M and offered on a 12-year notional US$ 360K monthly rental, its residual asset value will be US$ 35M at lease end. We can mine the emissions information our CEC generates to calculate the following CO2 outcomes to calculate the offset costs and impact on IRR.   All Data used and displayed in this article is derived from IBA’s proprietary data platform IBA InsightIQ.   If you have any further questions or comments please contact: Ian Beaumont Sign up for a demo

Airport Landing Slot Values; Heathrow Pre- and Post-Covid and the Battle for Airport Slots

Senior Aviation Analyst Youcef Berour Minarro investigates the airport slot market, the impact of Covid-19 at London Heathrow, and the outlook for future slot values.   This paper has been prepared to give an overview and insight into the current airport slot market, with specific emphasis on LHR as one of the most traded airports in the world. This article will review the impact COVID has had on LHR and what the IATA slot waiver extensions mean for slot values.   IBA are one of only a very few appraisers recognised for airport slot valuations having completed a variety of assignments at airports including London LHR, London Gatwick and New York JFK.   In 2015, IBA was involved in Europe’s first ever bond tied to airport slots where Virgin Atlantic Airways secured a £220 million secured note transaction using the airline’s take-off and landing slots at London Heathrow Airport. The bond was used to invest in new Boeing 787-9 aircraft. The bond had a tenor of 15 years. The notes were split between two tranches: £190 million A1 notes and £30 million A2 notes. The A1 notes have a weighted average life of 12 years, while the A2 notes have a weighted average life of 10 years. This was the first time in European air travel history that airport slots have been leveraged in this way, claiming the Deal of the Year in 2016.   In 2020 alone, IBA have been heavily involved in performing a range of valuations for various purposes including slots securitisations, balance sheet purposes and for disposal/acquisition of slots. Download the full report 

ケーススタディ:新しい航空機リースファンドの設立と管理

航空業界では、航空会社の運航ニーズに牽引されて、記録的な航空機受注が発生しています。航空業界に初めて参入する投資家は、エクイティやデットファイナンスへの参加に意欲的であり、その結果、経験豊富なチームと、効果的に資産を調達し、管理するためのプラットフォームが必要です。

 

新規航空機リースファンドを設立し、終了まで管理していくことは大変なことのように聞こえますが、IBAグループはInvestec Global Aircraft Fund (IGAF) ポートフォリオとして知られているポイント・ツー・ポイントデリバリーの成功をサポートしました。

 

 

Investec Bank Australiaは、航空機のオペレーティングリースに投資するためのファンドを設立するために、IBAにエクイティ資金調達ロードショーへの参加を依頼しました。IBAはストラクチャードファイナンス・チームと肩を並べるだけでなく、リース付きの様々な資産を調達し、リース戻し条件付き売却の機会を提供しました。

 

この種のプロジェクトでは、航空機の価値(現在、将来、リース付き機材、整備準備金キャッシュフローを含む)について貴重な意見を提供したため、IBAチームの幅広さと深さが際立ちました。

ケーススタディ(続き)...

また、航空会社のスコアリングやデューデリジェンス、リース書類のレビュー、起草や交渉についてもインサイトを提供しました。IBAは、優先/メザニン債券の提供者に対して、情報要請や投資委員会の報告書を提示するとともに、会議や承認プロセスにも参加しました。その結果、IGAFのポートフォリオを開始し、成長させることができました。

 

IGAFポートフォリオは、B737-800とA320航空機を中心とした20機で構成されていましたが、世界中のA330-200/300やB777300ERも含まれていました。エバー航空、カンタス航空、IAG、中国国際航空、深圳航空、GOL、ジェットエアウェイズなどが含まれていました。

 

その間、IBAは新規と継続的な資産管理の両方を管理する一方で、リースを延長したり、代わりに元のリースのすべてを引渡したり、転売したりしました。この間、ケニア航空から引渡しされたB737-7002機2機、ジェットエアウェイズから引渡しされたB737-8002機2機の計4機を解体のために売却しました。これらのケースでは、航空機の返却条件が再交渉され、航空会社は支出を減らすことができ、一方で、それから発生した数百億ドルを将来の整備用にファンドに保持することができました。これにより、ファンドの全体的なIRR(内部利益率)が増加しました。

IBAの新しい統合インテリジェンス・プラットフォーム

今すぐ無料デモをご利用ください!

InsightIQのデモを予約

Please provide background on your company and your aviation analysis requirements so we can tailor our offering to your business needs:

Please leave this field blank

By registering, you confirm that you agree to the storing and processing of your personal data as per our privacy policy





私たちのクライアントが言うこと

ログイン

すでにInsightIQをご利用の方は、InsightIQをクリックしてください。まだの方は、IBA.iQをクリックしてください